2020年7月23日木曜日

REOHAS(りおはす)の提案.Vol003

ネット業界では、大きな動きがある。
(株)ダイレクト出版に関心をもっているので、全てのメールを受け取るようにしているが、facebook上でも、従来に増して広告が掲載されている。
「これでもか。」といった印象を受ける。
そして、私のメールアドレスにも従来の倍以上の件数が送信されてくる。
コロナ禍での彼らの戦略と思う。
幾つかの情報に関心があり、特販企画の書籍を割引で購入しているが、ターゲット上に私の会社があるのだろう。
このところ幾度も緊急の封書が届いている。
私には成果を求めて、千歳一隅のチャンスと動いているように見える。
彼らは「テクニック」を売ろうとしている。
SNSは、「コンセプト」を持たなければならない。
「コンセプト」は「価格」ではない。
「価値」を表している。

黒打切り出しナイフ
二唐刃物鍛造所
今回のコロナ禍はリーマンショックの比ではない。前回は、大手会社が影響を受けたけれども、一般の自営業や中小企業は直接の影響はなかった。それでも世界経済の受けたマイナスは計り知れなかった。
しかし、今回は一部のテレワークに関わる業界を除くすべての業種で、影響を受けている。飲食業を始めとして公共機関やイベント関連など従来はこれほどの影響を受けたことはないだろう。この状況でプラスの企業はあり得るのだろうか。
世界はかつてないほどの無尽蔵の予算をバラ撒いている。
政権中枢の政党の必死さを感じる。
ちょっとした世論の動きに敏感に応じているのがわかる。
それを先導しているのが、口だけの野党とメディアになる。
マスクや一律10万円支給など愚かな対応をしている。
私たち中小の企業の生き延びる道は何か。
政府の支援金を目敏く受け取り、少しでも延命をすることになるが、それができなければ、野垂れ死にするしかないように思う。
第二次世界大戦時の敗戦からの復活は、焼け野原からのスタートになった。
連合国という恐ろしい西洋国家の統治のもと復活してきた。
朝鮮動乱が、一番のカンフル剤となった。
その時を思えば、コロナ禍など屁でもない。
キーワードは、テレワークになる。
ネットからの情報入手とショッピングが、一つの水脈となる。
巨大戦艦のサービス業は、白亜紀末まで繁栄し、三畳紀後期からジュラ紀にかけて絶滅した恐竜のように映る。
ホテルやレジャー施設やスポーツ関係になる。
3蜜は、いずれもそれらの施設、業態に重なっている。
その後に世界に生まれたのが哺乳類になる。
テレワークが、一つのカギとなるが、人類の求めているものは、基本は「衣食住」になる。
「衣食住」「娯楽」「文化」×コストを生じない「価値」の付与となる。

BUNACO  
SWING
2009 GOOD DESGN AWARDS
手仕事専科の戦略は、それらに乗じて講じたいと思う。
コンセプトがそれらに重なる。
「歴史」であり、「文化」であり、それらが「衣食住」に付与する「価値」になる。
日光下駄山本政史 
右近型草履
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品
 
 

2020年7月21日火曜日

「和美との生活」からの「食」Vol.001

手仕事専科をスタートする際に中心となるコンセプトが「和美との生活」でした。
10年が経過します。
websiteをスタートする当時の自分には無理なく考えられるものでした。
そして、伝統工芸品を取り扱えば扱うほどにその商品の歴史に魅せられました。
伝統工芸品の美しさは、一朝一夕に生まれたものではありません。先達の弛まぬ精進と探求心が生み出してきたものと思います。
「真善美」は人の持つ基本的な欲求です。
真実を求める「真」、人に慈しみを施す仏の姿の「善」、そして、美しさを求める「美」になります。
その「真善美」のレールの上を人々が、長年歩んできたことが見て取れます。
それぞれのレールがあり、ひとの歩む道は、皆同じではありません。そして、それらに取組んだ先達を辿るとその道が明らかになりました。
人それぞれの奥深い道です。
和美との生活」は「美」についてですが、自分はその欲求が強いようです。
「美」は造形だけではなく、生き方の美でもあります。
三五八漬け 那須味噌
那須味噌
とべや食品
鰊の山椒漬 会津ニ丸屋武蔵亭
伝統食の酢 太田酢店
現在の私の関心事のひとつは、「食」です。
ある時に生体恒常性、自己免疫力について学びました。人類がこの世に生を受けて綿々と続く自然治癒力です。
その折にアメリカのマクガバンリポート(1977年)のことを知りました。江戸時代の食を世界一の健康に良い食と称えています。
同時に医食同源(いしょくどうげん)の言葉にも行き着きました。
ウイキペディアから、次のように定義されています。
-------------------
医食同源とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。
「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語された。この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。
初出は1972年、NHKの料理番組『きょうの料理』の特集「40歳からの食事」において、臨床医・新居裕久が発表したもの(NHK「きょうの料理」同年9月号)。これは健康長寿と食事についてのもので、中国に古くからある薬食同源思想を紹介するとき、薬では化学薬品と誤解されるので、薬を医に代え医食同源を造語し、拡大解釈したものであると新居裕久は述懐している。
--------------------
私達の体は日々摂る「食」からできています。
ジャンクフーズなる言葉を聞いたことがあると思いますが、コンビニエンスやスーパーには、体に良くない菓子類が並んでいます。
ジャンクフーズは、「ガラクタの食」の意です。
それに引き換え江戸時代の食は、全てが自然のものでした。
海の幸山の幸に加え保存食としての発酵食品がありました。
発酵食品は人の必要とするアミノ酸やミネラル栄養素の宝庫です。冷蔵庫があるわけではなく、旬の食材と発酵食品が食材です。

私と食とのかかわりは、学生時代からです。
学生時代は下宿をしていましたが、自炊の下宿でした。共同の調理場があり一台ごとのガスコンロが並んであり、釜でご飯を炊きフライパンのスパゲティや野菜炒め、そしてカレー等を定番にしていました。
学生前の田舎では調理などしたことはなくて、精々インスタントラーメンを作った程度です。
ある時、私のスパゲティを下宿の先輩が不味い味だと言っていました。それまで美味しいスパゲッティを食べたことがないしトマトケチャップすら知らないのですから、当然です。
それでも少しずつ調理を覚えてレパートリーを増やしてゆきました。
その後、ホテルに勤めレストランのウェーターの時に和洋中の料理メニューを覚え調理場の作るものを見てきました。
お客様にメニューを説明する際に必要だからです。また、営業部になった頃にもお客様からメニュー提出依頼があり、同時に社員クラブの宴会では、ホテル料理を堪能しました。
更にホテルの企画担当時や幹部になるに連れ、社長同席の高価な料理も味わいました。
盛り付けも器も味もサービスのタイミングと仕方も覚えました。
一端の料理評論家になっていました。
その後に津軽やあぶくま洞に単身赴任し、朝昼晩と自炊をしていました。当時は器にも関心があり、いろいろなタイプの美しい食器も購入し季節の食材と料理を経験しました。
これが私の料理経歴です。
今は、妻の病気から5年になるでしょうか、自分が台所を任されています。
器選びと料理作りを楽しんでいます。
手仕事専科には、二唐刃物鍛造所があります。
二唐家は津軽藩より作刀を命じられて以来350年の伝統をけ継ぐ刀鍛冶の名門です。しかし、現代は本格的な和包丁を必要とはしない時代となりました。日本経済の高度成長期に発展した和包丁ですが、今は求められません。
飲食業界の流通が進み、セントラルキッチンとなり人の手で作るのではなく労働者が操作する機械工場生産の食品で溢れています。
しかし、それらの食材は促成栽培の栄養素の少ない土壌で化成肥料で育てられた野菜であり、ふんだんに食品添加物、保存料が含まれています。
太陽光線を浴びて採れた旬の食材には決して無いものです。
同時に和食の調理人、職人は必要ないのです。
悲しいことですが、伝統的工芸品は生活の変化に付いてゆけません。
私達は利便性と引き換えに「健康」を失いました。

手仕事専科では、健康のために「自分食」を勧めています。
旬の山と海の食材に畑で野菜と穀物を育て、溢れる食材は発酵食品として保存し食することを勧めます。
その際に美味しい食を調理したいと思います。
食材を生かし、美味なる調理のできる切れ味の良い刃物で、伝統的な日本料理を楽しみたいと思います。
「男子厨房に入るべし」の提案です。
男子に限らず女子も同様です。
「自分食」の為に「男女ともに厨房に入るべし」
これが私の主張です。
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品

2020年7月4日土曜日

RIOHAS(りおはす)の提案-手仕事の世界.Vol002

手仕事専科は、伝統工芸品・民芸品・食品の通販です。
全て手作りを主にした工房です。

なかには会津木綿のように機械を使いますが、現代にあってはあり得ないような道具に匹敵します。豊田自動織機は、私の年齢では社会科の時間で誰しもが知る豊田佐吉の偉人伝に出てきます。明治30年代の日本の織物はこの新しい織機で幕開けました。家内制手工業の言葉もこの時代のものです。
北洋硝子(株)という会社もあります。1350度で焼き上げる硝子。宙吹きという技法を使い津軽びいどろを作り続けています。
窯を止めることはないと聞きました。大変なコストがかかりますが、全て職人さんによる手作りの一品です。流れ作業の商品ではありません。

手づくり品は、棚に沢山並べてより取り見取りの売り方にはなりません。
高度成長期の日本は日夜寝食を忘れて働き三種の神器と言われる生活具を揃えました。
1950年代後半の家電の冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビです。
経営の神様松下幸之助が一世を風靡しました。時代の寵児です。
つくれば売れる時代です。そのような時代を経て今があります。
今は物が売れません。
飽食の時代です。
しかしよい物だけが売れる時代でもないのです。
ニトリやダイソーのような海外生産で安価なそして、価格比(コストパフォーマンス)の良質な商品が並んでいます。
旧来の手作り品はどこにも見かけなくなりました。
そして、代替わりが出来ずに手仕事は廃業の憂き目にあっています。
手仕事専科でのお取引の工房でもたくさんの工房が廃業となっています。
時代にそぐわない生き物は淘汰されます。
生物の絶滅危惧種の手仕事版です。

私達は、生き方を変えるべきです。
有限の世界に生きる私達は嘗ての生活様式を変えるべきです。
大量生産大量消費はあり得ません。
一部よいのです。本当によい物を作り大切に使うことです。
その価値観を考えてみませんか。

(閑話休題)
世界はコロナ禍です。
中国武漢から始まったコロナは、世界中に蔓延しています。
この様な世界が来るとは、SF映画の世界ではなかったのです。
昨夜マリーアントワネットのドキュメンタリーがありました。気高い彼女が、断頭台で露と消えました。革命とは狂気です。
そして、理不尽です。
絶対王政が革命を経て共和制になり社会が変わる時でした。
日本が、FDルーズベルトやチャーチルによる謀略から第二次世界大戦に参入し敗れ、現在につづく破廉恥な戦後統治を受けました。
当時の国際法でも罰せられる東京大空襲や広島長崎の原爆によって40万人を超える女子供を一夜にして死にやりました。未来永劫に罰せられるはアメリカです。
恐ろしいソビエト共産党を育て現在の中国共産党につづいています。
共産主義は人類の癌細胞です。
人類の生きる世界に正義はありません。
何があるのでしょうか。
人類の持つ理性とは何でしょうか。
コロナ禍から問われています。

和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品
 

2020年6月21日日曜日

これからの世界にREOHAS(りおはす)の提案.VOL.001

津軽に赴任して4、5年が過ぎた頃に「地球村の講演会」を発起人として提案したことがある。
そして、実行した。
当時有名な高木善之氏が代表をつとめるNPO法人「地球村」。
その主義主張は、現代のグローバリズムとは相反する教義だった。
他の市町村で主催した講演会に参加して私はショックを受けた。
その勢いでわずか4千人の住民の村で開催した。
 
あれから、随分と時間が経過した。
「地球村」の活動もその後大きく展開したのを聞かない。
ウルグアイの第40代ムヒカ大統領の主義主張に私は感動した。世界で一番貧しい何も持たない大統領と聞いている。
おなじ主義主張に思う。
世界はグローバリズムの主義主張で国の境界をなくし、多国籍企業という国家ではない企業に支配される社会になっている。その論理でアラブ世界は、「アラブの春」の名目でナショナリズム国家は破壊された。
今もそれらの金融資本の思惑で動いている。
それに竿をさしたのが、トランプ大統領と思う。
アメリカの大統領が世界を動かしている。中国は、アメリカの民主党の庇護のもとで成長してきた。
第二次世界大戦は、FDルーズベルトの思惑通りに事が運んだ。
ヨーロッパに戦争を起こし、アジアで日本を葬るために参戦させた。
人種差別主義者の彼は、2発の原爆を投下し幾度もの空襲で40万人ともいう非戦闘員の日本人を殺戮した。
共産主義国家ソビエトを庇護し中国に共産主義国家を作った。
中国共産党は、その後大きく覇権を拡大している。
共産主義という人類の癌細胞を擁護し世界に拡散させたのはFDルーズベルトになる。
その背景には、金融資本によるグローバリズムという恐ろしい歴史がある。
 
私は伝統工芸品・民芸品・伝統食品の通販を行っている。
起業して10年が経過した。
通販業界は拡大している。
楽天をトップにして、Amazon、ヤフーオークションなどが続く。
昨年11月に楽天の三木谷社長が、3980円を超える商品の送料無料を打ち出している。Amazonの猛追に対抗するためだという。
彼らのビジネスは管理料と手数料で利益を得ている。
元となる商品の生みの親、生産者の利益は薄利多売になる。
生産者と顧客と販売会社の関係は、販売会社の主導で動く。
彼らはグローバリズムの路線で価格と流行を作り、生産者の犠牲の上に成り立つ。
 
グローバリズムに対峙するのは、ローカリズムになる。
ローカリズムは、私の主義主張だ。
グローバリズムは、世界中いたるところで生産者を自由競争の名目で破壊する。
自由競争は「善」ではない。
資本主義の行き着く先は、一人の富めるものと無数の貧しいものを創り出す。
限りある地球号の70数億人の棲める社会は、富を分け合うべきと思う。自由競争のルールを矯正する必要がある。100%の計画経済は、全能の神でもない限り無理がある。かといって、自由の女神に任せることにも無理がある。
それができるのは政治になる。
いまや、世界は金融資本家の意のままに動いている。
彼らは自分たちの力で世界のオピニオンを創り出している。
メディアも政権も彼らの力なしには成り立たない。
要は世界は金融資本に操られている。
理想主義という善として振る舞う言葉の裏には、彼らの利益のために手足となる輩が蠢いている。
 
私の唱えるのは、ローカリズム。
3者の利益が守られる社会になる。
3者とは生産者と顧客と販売会社。
私はまだその考えを研ぎ澄まされた言葉にはできていない。
その社会は「Reohas」とした。
Reohas(リオハス)は、私のつくった造語です。
Regional economy of health and sustainability (健康で地球の持続可能を志向する地域経済)の略です。
私は地球環境と生活の行き方を目的に仕事に関わります。
 
私の取り扱っている会津若松の醤油があります。
楽天の方法で8千円の醤油を販売すると手元には100円しか残りません。それらの商品が、大手を振って通販業界にこれでもかと溢れています。
津軽びいどろを取り扱っています。
素晴らしい伝統工芸品ですが、例えば2万円の価格のガラス器が、価格を度外視し2割引きで載っています。それでも楽天は、Amazonは定額の管理料と販売手数料が入ります。
生産者は薄利多売となります。
かつて、建設業界にいたことがありますが、大手ゼネコンの孫請けの会社です。
大手ゼネコンは、利益を取り下におろします。そして下請けはさらに下請けに。
実際に作業現場にはいる会社は毎年毎年利益を減らし身を削り破産してゆきます。
通販業界も同じに映ります。
 
私はReohasを提唱します。
グローバリズムは「NO!」です。
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品

2020年5月25日月曜日

津軽から届いたアマビエ.津軽凧絵山内崇嵩

数日前に津軽から嬉しい便りが届いた。
巷は、コロナ惨禍から、思いもかけない生活を余儀なくされている。
私達が忘れているだけで、歴史上にはいく度もあったことだ。
江戸時代にもまた近代でも。
調べると当時の人達は、どの様な思いでいたのかが分かる。

アマビエは、聞いたことがあるけれども詳しくは知らなかった。
津軽から届いた便りは、ねぷた絵師山内崇嵩氏からのものだった。
2枚の絵ハガキだが、ひとつは疫病除けアマビエ図、もうひとつは病魔厄除朱鍾馗図だった。
コロナ惨禍の時代に自粛自粛から気の落ち込む昨今、お見舞いのお手紙だった。
彼のねぷた絵や身近では、津軽凧絵に鍾馗図がある。
きっと、この疫病除けアマビエ図も描かれるのかと思う。
手仕事専科      http://tesigotosenka.com
津軽凧絵山内崇嵩  http://tesigotosenka.com/tugarutakoe.html

疫病除けアマビエ図
えぷた絵師山内崇嵩作
病魔厄除 朱鍾馗図
ねぷた絵師山内崇嵩
アマビエ伝説----------
妖怪の中に「予言獣」と呼ばれるものがいる。人々の前に忽然と姿を現し、これから起こり得る厄難を予言し、それを避ける方法を示す。アマビエもこの予言獣である。
江戸時代に遡り弘化3年(1846年)肥後の国(熊本県)で夜、海中より光る半魚人の生き物が現れた。
役人が赴いて様子を覗っていると「我こそは、アマビエと申す者なり。 当年より6年の間は、諸国で豊作が続く。だが疫病もはやる。だから我の姿を絵にして描き写し、人々に見せよ。」こう言って海の中へ去っていったという。

朱鍾馗----------
疱瘡除けや学業成就の御利益があるとされ、端午の節句に絵や人形を飾る鍾馗は、中国の民間伝承に伝わる道教系の神様で、鶏のとさかの血を朱に混ぜて描いた朱鍾馗の絵は5月5日に、門戸に貼ると疫病をふせぐと言われている。
また、鍾馗図は魔除けの効果があるとされ、幟旗や屏風、掛軸として飾ったり屋根の上に鍾馗像をのせたりもする。
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品

2020年5月7日木曜日

新たな挑戦「和美との生活」

2020年4月8日で、(株)とぴい企画の設立から10年が経過しました。
この起業は、伝統工芸品の通販を行う会社ですが、創業10年といえば、ネット業界ではそれなりの実績といえるでしょう。
売上が伸びてきた当時は、それまでの自分の経験は、この為にあったと思ったほどです。

那須の田舎村に生まれ、それでも映画館や呉服屋、肉屋のある小さな町の中学校に進み、高校はもう少し大きな地方都市に3年間砂利道を自転車で通いました。
大学に進学し、2年間の海外の旅を経験し、そして家業を手伝いその破産からホテルに勤めました。
その時には、すでに旅先で出会った女性と結婚し二人の娘に恵まれていました。
ホテルでは、少し薹が立っていたことから、 企画や婚礼係等を経験し他の事業所に出向し沢山の職人さんたちと出会いました。
津軽の人達です。
田舎育ちの経験から馬が合うというのか、その工芸や民芸の世界に溶け込みました。
それは、田舎育ちで祖父の見様見真似から、手仕事を経験したことによります。すごく器用だったわけではありませんが、鉋も鋸も鉈もなんでも使い熟しました。
そのせいで職人との話に付いてゆくことができました。
私にとって特に県立博物館の学芸部長だった尾島先生との出会いが、伝統工芸や民芸、民俗芸能を知ることになりました。
いつも話す「清く貧しく美しく生きた人々」です。
また、素晴らしいGMの下で学ぶこともできました。

2009年ホテルを離れる時、会社名を思い入れのあった星と森のロマントピアのキャラクタートピー(Topy)から、(株)とぴい企画としました。
website名は、「手仕事専科」です。
そして、「和美との生活」を理念としました。
当時は、それなりに考えて創ったのですが、今もって通用する名称だと思っています。
そして、この度のコロナ惨禍から、人との接触を避ける時代に入りました。
数年は影響を受ける大きな節目です。
webの時代です。

海外への進出は、昨年の業績不振からの対策です。
ターゲットが、海外顧客に移ったことで、通販の考え方が一段とクリアになりました。
言葉では伝えられない中身「コンセプト(ストーリー)」が、最重要だからです。
それは、「和美との生活」の更なる昇華です。
最近頓に目にする言葉、「ブランディング」です。
我が社の提唱する「和美との生活」は、日本の美です。
(その理念は、もちろん日本だけではなく、人類の持つ価値です。)
古代から万世一系の天皇を持ち、万葉の時代にはすでに民主的な政治を行っていました。
日本は、世界に誇れる鑑たる国家です。
中国や朝鮮の国家が、恥ずかしくもなく日本の誹謗中傷を行い続けています。
恐ろしい白人国家がなした紛れもない嘘捏造です。
和美との生活」は、それらの日本民族の持つ知恵と勇気、そして、歴史と伝統に裏付けられています。
私は、その魂をつたえるミッションをこの仕事・手仕事専科の通販に見つけました。
この理念を掘り下げてゆきます。
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品
 

2020年4月23日木曜日

今朝ほど届いた嬉しい声-雄勝硯Vol.001

今朝ほどにお客様から嬉しいメールが届きました。
後ほど、お写真でご紹介しますが、昨日雄勝硯が届き、それを使用してみての感想です。
書を本格的に習いはじめ、既に3年になると言います。
従来は、墨汁で書いていたのですが、この機会に硯で擦った墨で書くことにしたと言います。
東北支援のふるさと納税から探して、雄勝硯開和堂硯舗山崎勝にたどり着きました。
山崎氏は、東日本大震災でご自宅を津波に流され、奥様を失われました。その後お嬢さんの嫁がれた仙台の家に身を寄せて居られました。山崎氏との出会いは、8年程前に東京の物産展でお会いしてからになります。仙台の工房に尋ね私のwebsite手仕事専科で、取り扱うことになりました。
雄勝硯のhpが、少ないことから、ご注文が続いています。

この度の御注文は、五三寸蓋付松彫です。
震災で残った奇跡の一本松を描いています。
山崎氏の気持ちがわかるようです。
お値段は、デパートで販売する価格よりも随分とサービスされた価格でした。
お客様は、東急ハンズで求められた硯を使われていたようですが、擦り心地がまるで違うと言います。面白いように擦れる嬉しい声でした。
------------------------------------------------------
(お客様の声)
早速硯を使ってみました。
最初はまた墨をこぼしてしまうのではないかと緊張しておりましたが、今までの墨を磨る苦痛は何だったのかと思うくらいに磨りやすく、感激いたしました!
大きさも全然気にならないくらい使いやすいです。
 
やはり良いものは違いますね。
(以前は東急ハンズで購入した1000円程度のものを使用)
なんだか墨や筆も喜んでいる気がいたします。
お言葉のとおり、本当に良いものを送ってくださり、大変感謝しております。
今後書道は筆が持てなくなるまで続けたい趣味ですので、この硯と共に長く書を楽しんでいきたいと思います。
私も今は毎月の課題を提出することに精一杯ですが、もう少し基礎が身についたら仮名にも挑戦したいです。

今回は素敵なご縁をいただき、本当にありがとうございました。
------------------------------------------------------
やはり、雄勝硯の良品ですね。
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
雄勝硯開和堂硯舗山崎勝 http://tesigotosenka.com/ogatusuzuri.html

五三寸の蓋付硯
奇跡の一本松が描かれいます。
八年前の山崎勝氏の姿です。
全国のデパートの実演販売で
でかけられています。
津波で流された光景です。
和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画 080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景  ■伝統的食品のブログ   ■手仕事の逸品