2011年5月5日木曜日

板室温泉大黒屋の美の風景

 何カットでもと思い、板室温泉大黒屋を訪ねました。ちょうど、「伊藤文夫陶房展」が、開催されておりました。ここは、いつ来てもすてきな空間が自然に作られています。現代アートを取り入れた試みが、企業メセナ賞を受賞されていますが、常に前進されている宿であり、これからも新しい世界を提供してくれるものと思います。

 私の「和美との生活」では、居住空間に美を求めるものですが、それは、形に拘らなくとも生き方であり、時間の楽しみ方であり、人に対する思い遣りであり、心の営みになるように感じています。どのような縁でこのような「和美との生活」に関わるようになったのかは、わかりませんが、少しずつ、感じ入るものがあります。写真の枚数は、少なかったのですが、ご紹介いたします。

 「和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景

0 件のコメント:

コメントを投稿