2011年4月30日土曜日

茶陶「八染窯」の和田厚さんを訪ねて

 昨日は、益子の春の陶器市でしたが、その帰りに久しぶりに「八染窯」に和田厚さんを訪ねました。実は、今回の大震災で益子焼の多くの工房や小砂焼藤田製陶所さんもおなじく被害を受けておられましたが、那須町にある和田さんの工房でも大変な被害に遭われていました。大変に残念なことですが、ページ上の幾つかの作品は、壊れていましたが、さらにガス窯や蓄えてある釉薬が、被害を受けたといいます。 
 
 益子の春の陶器市のことや「美」「目利き」等について、お話を伺いましたが、御友人の奈良の辻村さんの作品を例に出されて、お話しいただきました。彼が、ビートタケシとの対談で、「評価は、重要ではあるが、自分が納得した作品であるかどうかが、より重要だ」と話していたが、自分も同じ意見だと仰っておられました。個々人の感性から、作品を作る訳ですが、また、それを見る人もそれぞれの感性を持ち合わせており、一致したところで両者が楽しめば良いのかもしれません。

 目利きというと一般的な評価との合致が、重要と思われます。美学という範疇でしょうか。私が益子焼の共販センターや益子焼しのはらでたくさんの作品を拝見いたしますが、自分自身の美に合致した作品は、少ないでしょうか。当然同じ土の量を使い作られた珈琲碗ですが、美の観点からは、雲泥の差となります。作り手の工法による手間暇の差も幾分はあるのでしょうが、形が、色の配分・バランスが美に値するのかどうかでしょう。

 伝統的な工芸品を対象に「下野・会津・津軽 手仕事専科」を立ち上げ「和美との生活」を提唱しておりますが、和美の対象は、伝統的工芸品も現代作品も一括して手仕事からとしています。陶器という雑器の類は、生活の中で好ましい形であり、色であり、機能性であることが求められます。同じように布、絵画、木工品も同様と思います。美的なものを生活の中に用いることをテーマとして、対象は、「美的なもの」と言えるでしょうか。
 和田さんとの話から、まだまだ、結論には到達し得ないのですが、「美学」の重要さを認識する必要があるでしょうか。
益子焼 神谷正一
・コーヒー碗・皿流紋  ¥5,900
 カップ径85mm×高75mm
 皿径150mm×高30mm
 ■商品コード S-0701023■
益子焼 神谷正一
・鉢 面取半梅文  ¥15,900
 サイズ 径210mm×高70mm
 ■商品コード S-0701052■
 

太郎工房(taro-kobo)
・マグカップ(ブルー/青磁)  ¥2,570
 Φ7.5cm×h8.5cm
 ■商品コード O-0502007■
 
・丸皿(ブルー/青磁)     ¥1,930
 Φ15cm×h2cm
 ■商品コード O-0502010■

創作工房 あくつ
・マグカップ(4種) ¥2,060
  Φ9cm×h9.5cm
 ■商品コード O-0501014~17■

会津本郷焼 鳳山窯
・彩色鉄仙マグカップ  ¥4,200
 径9cm×高10cm
 ■商品コードA-07008■ 

益子焼  宇田川勉 作
・急須(小)    ¥5,500
 口径5cm×横9cm×h8cm
 ■商品コード O-0505009■

八染窯 和田厚 作
・粉引耳付花入 ¥120,000
 径105mm×高255mm
 ■商品コードS-22009■
 「和美との生活・和美空間」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
手仕事専科のブログ ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■下野・会津・津軽の四季風景

0 件のコメント:

コメントを投稿